適量を教えて確実な成果 | 多摩市マイク英会話学院こども英会話

会話スクール•英会話教室、赤ちゃん英語、子供英会話から一般英会話まで、月謝制、英会話のマイク英会話学院

logo2007.jpg

マイク英会話学院/MIKE'S ENGLISH SCHOOL 
東京都 多摩市 聖蹟桜ヶ丘駅前、創立1972年





マイクの先生は、全員がカリフォルニアで選抜され、法務省の厳しい審査の結果、教師ビザを取得して来日している、マイク専任の優秀な英会話教師です。
温かい、優しい教師陣による『聞く、話す』を中心とした指導法は42年続いています。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

DSC05833.JPG




京王線、聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩1分
電話番号042−371−0860
営業時間  月曜〜土曜 午前10時〜午後8時
日曜 午前10時から午後6時  
祝祭日休





適量を教えて確実な成果

適量を教えて確実な成果

日本は島国であり、地理的条件に大きく制約されているため、英会話を習っても、即フィールドワーク出来ない環境にあります。

英会話教育とは、そんな環境を踏まえた上で指導法が確立されなければなりません。

1、雨の多い地域では、花の苗は植えっぱなしでも育ちます。
同様に、英語圏で英語の環境の中にどっぷり浸かって生活をすれば、会話力は自然に身に付きやすいのです。

2、一方、雨の少ない地域では、植えっぱなしでは苗は直ぐに枯れてしまいます。
同様に、英語圏外では英語を使うチャンスが限られるため、習ってもすぐに忘れてしまいます。

3、雨の少ない地域では、苗に水を与えたり、雑草を取ったり、肥料を与えたり、多くの時間と手間がかかるため、多くの苗の栽培は不可能です。

同様に、英語圏外では、ある程度の繰返し練習が必須であり、時間や手間がかかるため、範囲を制限した指導が必要になるのです。

多雨の地域で開発された栽培法が、少雨地域で有効であるとは思えません。
少雨地域では、その地域に適した独自の栽培方法があってしかるべきです。

同様に、英語圏外からの移住者や留学生を対象に、現地で指導することを目的に開発された英語の指導法を日本で採用しても、上記の植物栽培の例が示す通り、適切な効果が得られるとは思いません。

多くを教えて全滅するより、少なく教えて確実に身に付く指導法をマイク英会話学院は選択し、独自の指導法を展開しています。







妊娠6ヶ月〜1才半


1才半〜3才


年少〜年長


小学低学年、高学年


小学生、中学生


2,3才、幼児、小学生


マイク英会話学院
京王線、聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩1分
電話番号042−371−0860
営業時間  月曜〜土曜 午前10時〜午後8時
日曜 午前10時から午後6時  
祝祭日休